【Ⅴで始まるコード進行について】だいたいの

Writer: admin Type: foresth Date: 2019-01-05 00:00
【Ⅴで始まるコード進行について】だいたいのコード進行はⅠ、Ⅵm、Ⅳから始まるかと思いますしかし本当にまれにⅤ、ドミナントから始まるコード進行もあり非常に驚いておりますだいたいトニックから始まるのが定石で、ドミナントで始まる進行は今まで勉強した音楽理論から言っても、基本的にありえないと思っていました例えば・スピッツ『愛のことば』では C→Dm→Bb→F…… (Key=F)・ASIAN KUNG-FU GENERATION『ソラニン』 F#→Eadd9……(Key=B)・UNISON SQUARE GARDEN B→C#m7……(たぶんKey=E)という進行が登場しますしかし自分でコード進行を作ってみても、ドミナントから始まるコード進行は上手く曲に合わない気がしましてこれはひょっとすると、部分転調とかそういうのが絡んでいるのかもしれないと考えました実際ドミナントから始まるコードは、部分転調、もしくは他のギミックが隠されているでしょうかそれとも単に珍しいだけで、Vから始まるコード進行もアリなのでしょうか?[蛇足ですが、ゆずの『with you』ではEm7→A7→D△7……(Key=A)というコード進行が登場します。この例はたぶん部分転調で間違いないですよね……?]ふわっとした質問で申し訳ないのですが、解説お願いいたします補足カードの使われている箇所についてスピッツの『愛のことば』は、二番目のサビ後のCメロ「雲間からこぼれ落ちていく〜」ASIAN KUNG-FU GENERATION『ソラニン』はBメロの「あの時こうしていれば〜」のコード進行UNISON SQUARE GARDENは曲名『オリオンをなぞる』が抜けて記載していましたBメロの「何でもないような〜」がそれに当たります共感した0###「Ⅴ、ドミナントから始まるコード進行」は「まれ」ではないです。>ドミナントで始まる進行は今まで勉強した音楽理論から言っても、基本的にありえないそれはクラシックの古典派までの話しで、古典派もベートーヴェンのようにロマン派への過渡期になるとドミナント始まりも見られます。既出のベト1の第1楽章(ハ長調)は下属調のドミナントから始まります。https://www.youtube.com/watch?v=xcaUGsL2EpIC7(Ⅴ7ofⅣ)→F|G7→Am|D7|G|第9の第1楽章(ニ短調)も、空虚五度ですがドミナント始まりです。https://www.youtube.com/watch?v=cH_qyYKzbC4A5~~~~~~~Dmバリバリの古典派でも、和声はドミナント始まりと言えなくもない曲↓もあります。モーツアルト 8つのピアノ変奏曲(ヘ長調)のテーマ部です。https://www.youtube.com/watch?v=2b6uBOVUK58「ドー|シドレドシ♭ラ|ソファミレドミ|ファー」というピックアップで始まり、ハーモニーが「ドミ|ファー」のとこから「C7の3転|Fの1転」と付けられています。(ただし、ヴァリエーションⅥでは「シドレドシ♭ラ」に、ベースは属音CペダルだけどトニックFの2転のルート省略を思わせるハーモニーが付けられていますね)ポピュラーだと沢山ありますが、Jpopで秀逸なのは小泉今日子の「あなたに会えてよかった」(小林武史作曲)です。https://www.youtube.com/watch?v=10VMVBAKBcMイントロがこんな↓感じでE7の3転から始まり、E/D(≒D7♯11)|C♯7|C♯/B|F♯m/A|B(sus4) B/A|G♯7 C♯7|F♯m B7|E|%|AメロがB/A(Ⅴの3転)から始まります。>実際ドミナントから始まるコードは、部分転調、もしくは他のギミックが隠されているでしょうか部分転調や借用和音もあれば、主調(のⅤ)であるケースもあります。歌メロの始まりでも良ければ↓タイムマシンにお願い(イ長調でE=Ⅴ始まり)https://www.youtube.com/watch?v=pIPq3c0n6qI砂の果実(変ロ長調の平行短調のD/F♯=Ⅴの1転始まり)https://www.youtube.com/watch?v=I2qQWDakopQ>Vから始まるコード進行もアリなのでしょうか?以上の通り、転回形やⅤ7型も含め普通に「アリ」です。気にしないでどんどん試作していきましょう。ナイス0
###たくさん回答していただいてありがとうございます悩みましたが、こちらをBAとさせていただきます###いま浮かんだのは・・・・ベートーベン 第1交響曲第1楽章ジャズ曲 Beatiful Loveナイス0
###他の方の回答と重複するかもしれませんが、回答させて頂きます.>Vから始まるコード進行もアリなのでしょうか?確かに、少ないケースかもしれませんが、逆循環コードの1種として活用できます.たとえば…ⅠM7→Ⅵm7→Ⅱm7→Ⅴ7という循環コードがあったとして、Ⅴ7→ⅠM7→Ⅵm7→Ⅱm7にするカタチです.クラシックでも、多少はあると思います.ベートーヴェンの交響曲第1番の第1楽章もドミナントで始まってます.何か少しでもお役に立てれば幸いです.ナイス1
###スピッツの「愛の言葉」だけ聴いてみましたが、曲の冒頭でなくセクションの始まりでという意味ですね。それだったらたぶんそんなに珍しいものでもないかと、今たまたまピアノの初見演奏の練習で曲集を使ってますが、そういった構成の曲がゴロゴロでてきますよ。試しにコード進行だけ作ってみると(Key=C)C Am. Dm. GC. Am. Dm G. CG. Am. F GEm Am. F. Gsus4. Gという感じで童謡や唱歌風のメロディーならすぐ即興でくちずさめるくらい自然な流れではないでしょうか。冒頭のVとなるとイントロでVのペダルポイントが続いていくというパターンがぱっと思いついたのですが、これは厳密な意味でのVではないかもしれませんね。https://m.youtube.com/watch?v=-IVtuHajLuMhttps://m.youtube.com/watch?v=__7k0Bb0jSg(2:00くらいから曲が始まります)ナイス1
###ウルトラマンレオの歌もドミナントから始まるねナイス0
###少ないですが 全然珍しくないですよドナウ川のさざ波 とか探せばいくらでも出てきますまあ ドミナントで終わる曲は珍しいでしょうけど音楽(理論)的にもサブドミナントから入ろうが ドミナントから入ろうがおかしいということは無いと思います音楽は 一般的には単調さを最も嫌いますので色んな入り方が有って良いと思いますナイス0

 

TAG