唯物論で人は救われますか?

Writer: admin Type: foresth Date: 2019-01-11 00:00
唯物論で人は救われますか?唯心論で人は救われますか?唯物論や唯心論を越える思想や哲学は存在しますか?あるとしたら、それで人は救われますか?救われるの定義は、物理的領域、精神的領域、霊的領域のすべてに渡ってとします。共感した0###なかなかよいご質問ですね。唯物論は物質的領域、唯心論は(個人の)精神的領域、あと、唯名論は霊的領域、どれも不完全です。やはり、唯物論と唯心論と唯名論の三つを程よく調和し兼ね備える思想が大切だと思います。アインシュタインが、芸術と信仰と学問の三つが大切と言ったようにね。ご質問にあった、〉唯物論や唯心論を越える思想や哲学は存在しますか?ですが、朱子の理気二元論は、唯物論と唯心論を包括した思想になります。〉あるとしたら、それで人は救われますか?しかし、朱子は唯名論の立場を無視しているため、残念ながら人は救われておりません。(朱子学は李氏朝鮮の国教でしたけど、その流れを汲んでいる今の韓国の人々はあまり救われているとは…)やはり、朱子を批判した王陽明の理気一元論的な唯名論の立場も必要ですけど、それのみですと吉田松陰や大塩平八郎のようになってしまうため、やはり、唯物論や唯心論を超えるだけでは不足していると思いました。もし、人が救われる教えがあれば、きっと、高い芸術性と高い宗教性と高い学術性を備えた人による教えになるでしょうね。しかし、芸術家として評価されており、宗教の教祖であり、大学教授であるような人なんて、まずちょっと探してみたところでは、見つからないと思います。ナイス0
###回答ありがとうございます。私の疑問に思っている事柄の質問に、本質を明確に読み取って、これほど分かり易く分析・説明くださったことに対して本当に感激してます。アインシュタインは人間の本質を悟っていると直感しました。回答者さんのおかげでいい年越しができそうです。
###どうもありがとうございました。###その、どちらにも傾倒、傾向しないのが仏法です!〔色心不二〕と説き、肉体的側面と精神的側面とは一体、同一で有り、切り離せないのです。考え方、概念としては別々に思考出来るだけ。仏法中道=〔生命・自我〕なのです。霊魂説でも有りません。生命論、生命哲学こそ実相です。ただし、死は免れないので、死は肉体を消滅し、自我〔本有の生命〕と成りますが、また、生まれて来るのです。生命は宇宙と共に永遠なのです。ナイス0
###なぜ唯物論や唯心論で人が「救われる」のですか?「救われる」と言う言い方は「神に対する信仰」の場合に使う言葉です。唯物や唯心、まして「論」で救われるわけがありません。ナイス0
###人類の歴史は神が動かしてるのではありません。環境、身体条件、技術、産業、経済などの物的条件が、政治、制度、風俗、文化、芸術、思想などの精神的領域に影響を及ぼします。産業経済が発達すれば、古い政治制度は崩れて、新しい政治制度などが生まれます。現実の世界は唯物論の示す通りに動いています。それで人が救われるかって?唯心論や観念論では救われません。唯物論でないのは観念論で、全ての宗教は観念論です。ナイス0
###唯物論も唯心論もたんなる「論」だよん。そんなもんが人を救ったり救わなかったりするわけがないよん♪ヽ(^○^)ノナイス0

 

TAG