労働局の「あっせん」利用ってどんな感じでし

Writer: admin Type: foresth Date: 2019-01-12 00:00
労働局の「あっせん」利用ってどんな感じでしょうか?問題は退職の強要的な事です。Aさんと私がいて、二人の間でトラブルがあったのですが、会社がAさんの肩をもち「Aさんとトラブルになるなら辞めてもらって良いから」と突き放してきました。Aさんとはその後仲を戻し今ではなにも無かったかのように付き合っていますが、会社の態度が変わりません。「トラブルメーカー」的な扱いを受け、「辞めるなら早目に言ってね」「会社の気持ち、察してほしいなぁ」「結構、面の皮暑いんだね。忍耐強いね」こんな言葉がずっと上司からあります。先日無料の弁護士相談会があったので行ってみたら、弁護士さんから「金銭を要求できるような解決方法を問える事案じゃないので、労働局にあっせんを申し込んでみてはどうかな、代表取締役相手に申請すれば、上司も参加しないわけにはいかないと思うよ」と教えてもらいました。調べてみると実際にこの制度には賛否両輪がるようですが、私のようなケースには向いている制度なのでしょうか?賛否、どちらでもいいです。できれば利用経験者のお話など聞かせてください。よろしくお願いします。共感した0###私個人は批判的です。私もとりあえず利用してみましたが、会社が参加してきませんでした。その分、こっちがなにを訴えようとしていたのか先に知られてしまう、というデメリットもあります。確かに退職強要くらいでは弁護士を頼むと赤字です。なので「万全な解決方法」として期待せずに、利用してみるならいいと思います。過度の期待は禁物です。ガックリくる可能性がありますから。ナイス0
###勉強になりました。###あっせんは、裁判のように強制力はありませんが、一回で結果が出ますので、あまり大ごとにしたくないという場合や、費用をかけたくないという場合は、一度利用してみても良いと思います。ご相談の事案があっせんに向いているかどうかは、ご相談内容だけでは判断が難しいですが、金銭解決をするにしてもあまり高額が見込める事案ではないように思いますし、金銭というよりも今のパワハラ発言や退職を強要するような発言をやめてもらって貴方が気持ちよく仕事ができる環境にしてもらうことが先決だと考えた場合、あっせんは有効だと思います。確かに制度として、相手方を強制的に話合いの場につかせることはできませんが、経験上、7~8割は参加意思を表明していますので、とりあえず申請をしてみても良いのではないかと思います。マイベストプロ東京(外部サイト)###退職強要というよりもパワハラに思います。強要まで行ってない気が・・・あっせんは会社次第でしょう。そういう所に弱い社長ならへいこらするでしょうし、海千山千みたいなとこならどこ吹く風で流されて終わる。そういう会社には毒には毒をもってで、宣伝カーwwナイス0
###斡旋は使用者側にも拒否権があります。質問内容の相手を考えると、素直に弁護士をつけて労働審判に向かうことをお勧めいたします。ナイス0

 

TAG