司法試験合格者が公認会計士試験の短答全科目

Writer: admin Type: foresth Date: 2019-01-12 00:00
司法試験合格者が公認会計士試験の短答全科目、企業法、民法を免除して会計学、監査論、租税法の3科目受験で最終合格した場合って、滅茶苦茶使い物にならない公認会計士が誕生しませんか!?それとも、司法試験合格によって免除される科目は公認会計士になってからの重要度があまり高くなく、後付けの知識(合格してから実務補習に入るまでに、もしくは実務補習中に覚える)で十分なんでしょうか?共感した0###弁護士が公認会計士試験の短答全科目、企業法、民法を免除して会計学、監査論、租税法の3科目受験で最終合格した場合って、滅茶苦茶使い勝手の良い 公認会計士 兼 弁護士が誕生することになる。会計処理の背景には法律が存在するので企業法や民法は大事。法的な理解が疎かだと公認会計士としての専門的判断を誤ることになる。ナイス0
###論文式の会計学・監査論が合格できるなら、短答式のそれらの科目はフツーに合格できる。 企業法・民法は、司法試験合格者なら会計士試験レベルならフツーに上位合格できる。重要度があまり高くないのではなくて、司法試験合格者ならヨユーで合格点を取る(と考えられている)から免除なんですよ。ナイス0

 

TAG