パチンコ屋さんの年末営業は、ホントにくぎが

Writer: admin Type: foresth Date: 2019-01-12 00:00
パチンコ屋さんの年末営業は、ホントにくぎが悪いですね。しかし、データーを見ると、いつもの通常営業日より大当たり確率がいいではありませんか。パチンコは、回れば回るほど大当たり抽選を受けられると、いうものが一般的な考えだけど、実は、違うのではないでしょうか。共感した0###台は台自身が当たりを出します外部の操作は受けませんしかし、台は知能があるわけではないので当たる基準はプログラミングされていると思いますそれが、スペックを基準に時刻、出玉数、回転数をきっかけにしていたら案外、スロットでいう天井みたいなものが必然的にできて当たりを出すかもしれませんねそれは回転数ではなくて吸った球数かもしれませんねそうなれば、釘が悪いほど、当たる確率は増えるかもしれません真相はメーカーの開発者に確認してください今の段階では都市伝説です、田舎でも都市伝説ですナイス0
###皆様ご意見ありがとうございます。1000円回して、10回も回らないとか、よく誰も文句を言わないほうが凄いなあと思ってしまいました。###台のスペックにもよるが稼働が良く終日打てば25回の大当たりでも店側の勝ちだよ?ナイス0
###釘が悪く回らなくても、回っても、大当たり確率は常に一緒なんで関係ないですよ。同じ回転数回すのに使う、玉数が違うだけですナイス0
###回れば回るほど抽選の機会が増える→正しい年末年始は釘がよくないので回りが悪い→正しいデータカウンターで通常営業日より大当たり確率がよいようにみえる→正しいどの情報も正しいとおもいますが、分析が誤りだと思います短期的には少ない回転数での大当たりに偏っても、長期的にみれば、設計された大当たり確率に落ち着くのであり、そうであれば、より少ない投資額でより多くの抽選の機会が得られた方が、同じだけお金を使った場合に大当たりを得られる可能性が増えるし、長期的には勝てる可能性も高くなるというものでしょう回らなくても勝てるならそれでよいですが回らない台なんてイラつくだけじゃないですか?ナイス0
###「釘の良し悪し」と「大当たり確率」に何の関係があるんですか?ヽ( ´ー‘)ノ⌒○ナイス0
###いいえ、そんなことありません。もし、それが客観的事実なら皆その方法で立ち回って勝っているはずです。パチンコで勝っていくにはボーダー理論が全てです。正攻法で立ち回れない以上は永遠に負け続けるだけです。ナイス0

 

TAG