卒論が辛いです。

Writer: admin Type: foresth Date: 2019-01-06 00:00
卒論が辛いです。現在大学4年の学部生です。卒業論文が辛すぎます。担当の准教授に「私は厳しいから」と言われ、卒業できるか不安でたまりません。一応論文は形にはなりそうなのですが、担当教員から「以前君こういうことやりたいって言っていたよね、これもやりなさい。」と言われ、今やっていることと違う方法での考察を一つの論文中でやるように言われました。正直今からやってまともなものになるとは思えません。就職は既にきまっており、卒業できるのか、不安でなりません。この場合研究はここまでにしたいと担当教員に言ってもよいでしょうか?論文に文字数制限はなく、今の考察のみで2万字はいく見込みです。アドバイスお願いします。一応文系です。共感した0###先生だって絶対ムリだと思ってる事はさせませんよ。ただ先生は数時間で出来ると思ってるけど学生がやると数カ月掛かる事は有りますよね、、、言われたことを全部しなくても基本的に卒業はさせてくれます。だから多分今のままでも卒業は出来るでしょう。自称厳しい先生でもそれは同じ。学生を落とす事は、先生の指導に問題がある事、大学のカリキュラムに不備がある事を意味し、就職先からの信頼や親、学生からの不満を産むので卒論がそれなりに形になっているなら、落とす理由が無いのです。(まぁ若い先生だと自分の信念に従って落とす人もいますけどね〜)ただ、もう卒論をやりたくない、と言うと先生はもしかしたら良かれと想って追加の考察を入れるように指導してるかもしれませんので、不要な喧嘩を生みかねません。(先生だって指導は面倒なので本当にどうでもいいならもう何も言いません。)現在のスケジュールを出して、現行スケジュールだと厳しいとか説得力のある断り方をしてください。それが無理ならデータまでは作って先生に結果持っていって考察作って貰って付け加えて下さい。数千字付け足すなんか内容が明確ならすぐですよ。ナイス0
###ありがとうございました。正直かなり辛くうつ気味なので教授に相談してみようと思います。ベストアンサーは一番にコメントをくれた方にさせていただきます。お二方ともありがとうございました。###卒業はできるでしょう。准教授も嫌がらせで言っているわけではなく、「学生の集大成」である卒論を、何となく自己満足で終わりにするのではなく、最後まで頑張れってアドバイスしているだけでしょう。多くの人は、卒論を最後に、人生でその後に自分の研究をする機会はありません。そのため、卒論を適当に済ませてしまうと、学生の人生経験としてもったいないことは間違いないでしょう。厳しいことを言っているのかもしれませんが、先生として良い先生なのだと思いますよ。やる気のない先生であれば「読んでないけど、まあいいや合格」で卒業できます。それって、楽かもしれないけど、先生としてクズですよね?卒論提出間際のものを添削してくれるって、かなり優しい先生だと思います。ナイス0

 

TAG