昭和57年(1982年)の大晦日に、現在の

Writer: admin Type: foresth Date: 2019-01-05 00:00
昭和57年(1982年)の大晦日に、現在の朝日放送テレビ発で、本放送した、スペシャルドラマ番組として、京都を舞台にした「必殺仕事人現代版(必殺現代版)」。画面での登場順だが、主なストーリーとしては…?①「藤田まことさん(故人)扮する、生命保険会社の外交員としての中村主水(以降、藤田さん扮する主水)等、いつもの4人は、行きつけのカラオケスナックで、唄おうとしたら、悪徳産婦人科医と、呼ばれてた客の男と、順番で少しケンカになり、その男が雇ってた用心棒の男に、ヤられてしまった」。②「①の後で、藤田さん扮する主水等、いつもの4人は、近くの鴨川の河原にて、世間話してたら「自分達は、仕事人の子孫」と、言うのが分かった。それで、「先祖代々で、伝わってる、仕事人としての道具」を使って、仕事の依頼人を探し出して、①の悪徳産婦人科医を始末するのを、決意したので、その道具を、各自一度実験として使ったが、古くなり過ぎたかして、失敗してしまった」。③「②の後で、警備会社の警備員に、変装した藤田さん扮する主水と、鮎川いずみさん扮する、個人タクシーの女性運転手、長谷川加代(何でも屋のお加代の子孫、以降は、鮎川さん扮する加代)は、問題の悪徳産婦人科医の男の行動を、把握したのかにせよ、京都市内の山手の観光道路で、小細工してたら、その問題の悪徳産婦人科医の男が、乗ってたマイカーが崖から転落して、死んでしまった。この為、予想外の出来事になったので、藤田さん扮する主水と、鮎川さん扮する加代は、顔が青くなった」。④「当然、③は交通事故となったので、「悪徳産婦人科医の男が、乗ってたマイカーの前後を、走ってたタクシー又はマイカーを、運転してた目撃者」と、なってしまった、鮎川さん扮する加代。京都府警に通報したら、京都市上京区にある、西陣警察署(現在の上京警察署)で、担当の刑事による取り調べを受けたが、「自分が、乗ってた自動車の前を、問題の自動車が走ってたが、突然転落した」旨、供述したので、担当の刑事は「事故死で、処理する」方針を、決める事にした…」。⑤「④の後で、西陣警察署の筋向かいにある、北野天満宮で、藤田さん扮する主水と、鮎川さん扮する加代に、三田村邦彦さん扮する秀と、中条きよしさん扮する勇次は、会話した結果。「依頼人は、集まらなかった等から、仕事は失敗」と、判明してしまった…」。⑥「藤田さん扮する主水は、芦屋小雁さん扮する、知合い兼顧客(以降、小雁さん扮する知合い)から「もし、自分が死んだら、加入してる生命保険の保険金、あんたに受け取って、欲しいんや…?」的な内容で、頼み込まれたが、結構その小雁さん扮する知合い。自分の奥さんと娘を、殺した暴走族に、殺されてしまった」。⑦「藤田さん扮する主水等、いつもの面々は、「保険金を仕事料」により、⑤の暴走族を始末するのに、②での失敗あって、各自新しい道具を用意して、③と同じであろう観光道路に、問題の暴走族達を、誘き寄せて、三田村邦彦さん扮する秀と、中条きよしさん扮する勇次さんは、数人を始末した。そして、藤田さん扮する主水は、暴走族のリーダーを始末した…」。⑧「⑦の後で、藤田さん扮する主水は、小雁さん扮する、知合いの遺言での行使として、勤務先の生命保険会社の京都の支店で、保険金の給付手続きしようとしたら、山内としおさん扮する、上司の田中係長から、「契約者が、亡くなる前の行動が、異常だった」等から、給付を拒否する旨を、通知されたので、「保険金で仕事料」計画は、破談してしまった…」。以上の通りだったと、思います。そこで、質問したいのは…?「③と⑦のシーン、ロケ地となったのは、京都市内のどの観光道路と、思われるか?」に、なります。補足なお、⑤~⑥~⑦、それぞれ途中のシーン。「藤田さん扮する、主水の自宅ある場所と、三田村邦彦さん扮する秀らしき人間が、マラソンしてた場所であろう」設定で、登場してたのが。京都市西京区の洛西ニュータウンなのは、確認してます。この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。###ビデオを見れば一発でわかると思いますが画像が無ければ無理。ナイス0
###その観光道路ですが、言わゆる「山間部に見える、山手の道路」と、なります。
###勉強になりました。又、質問した時は、よろしくお願い致します…。

 

TAG