東海地方の場合ですが、ラジオ局が必要以上に

Writer: admin Type: foresth Date: 2019-01-06 00:00
東海地方の場合ですが、ラジオ局が必要以上に多すぎる印象なので、こうしたらいいだろうと思いました。①CBCラジオと東海ラジオは合併して、1局だけにする②岐阜チャン(岐阜放送ラジオ)とFM岐阜は合併して、FM局とする③ZIP-FMとRADIO-NEOは合併するこれで、東海地方全体でAM&ワイドFM1局、愛知県はFM2局、岐阜県・三重県はそれぞれFM1局になります。現在では広告収入の減少で「パイ」は縮小する一方であり、またパーソナリティーのマンネリ・高齢化で、聞いていても面白くないラジオ番組が多いと感じます。どの局も通販番組が多すぎるのも、聞いていて嫌になるので、ラジオ局は健全に運営できる最低限度の局数さえあれば良いだろうと思いました。みなさんのご意見はいかがでしょうか?補足ラジオを聞く人が減少していてラジオ局のCM収入が減少している現状では、ラジオ局の運営はカネの無駄、電気の無駄なので、ラジオ局の出資スポンサーはラジオ局に対して支出しているカネを引き揚げて、そのカネを地域への貢献など「本当に必要なこと」に支出してもらいたい、放送に掛かる電気を節約して地球環境保全に協力してもらいたい、だからラジオ局なんて必要最小限で良い(現在では東海地方のラジオ局は過剰であり、過剰な分は削減すべき)というのが私の主張であります。共感した0###民放のラジオ放送局はCMの関係上、基本県域を単位にそれぞれの方式に付き1〜2局置かれてます。東名阪などの大都市圏では周辺の県を加えて1つのエリアになってる場合もあります。なので、現状このままで大丈夫です。ナイス0
###まぁ、ラジオというものは流行っているとは言い難いメディアなので、M&Aとか、リストラとかが必要だろうと思ったけど、どうなろうと自分の生活に影響を与えるものではないので、気にしないこととします。(気に入らない番組は聞かなきゃいいだけですし)###> 「ラジオ局が必要以上に多すぎる印象なので…」必要とされているから、スポンサーも付いているし番組も固定リスナーさんで溢れかえってますよ。> 「広告収入の減少で「パイ」は縮小する一方」「ラジオ局のCM収入が減少している現状」『リーマンショック』で、スポンサーが激減した時に比べて番組の予算も増えてる感じです。今は【聴取率調査週間】なんで、番組から景品がバンバン出てますよ。スポンサーがいなくなった時は、そんな事できんかったもんなぁ。> 「聞いていても面白くないラジオ番組が多い」私が聞いてる番組は、面白いですよ。“ご質問者”さまが、面白い番組のターゲットから外れてるだけじゃ無いでしょうか?それとも「オレを面白がらせる番組以外はダメ番組」とでもおっしゃてるのかな?P.S. 補足を読むとスポンサーは、「どうせ儲からないんだから、ボランティアに金を出せ」って論調に読み取れます。営利目的の大きな企業は「利益が出る」ところへ「出資」します。それが【自由経済主義】の根本ですが・・・> 「地域への貢献など「本当に必要なこと」に支出してもらいたい」“ご質問者”さまがおっしゃる「本当に必要なこと」って具体的に何でしょう?それが「企業は儲けてるんだから、寄付しろ!」って意味であれば賛同する企業を見つけるのは、非常に困難でしょうね。では、また。(^0^)/~~ バイバイナイス0
###takasi_otsuka_0725さん、放送法ではメディアの一極集中を禁止しています。東海地方として見たら多いと思いますが、愛知県・岐阜県・三重県・静岡県それぞれ分けたらそれほど多くありませんね? あなたの思うような変化を求めてらっしゃるのであれば、まず、法律を変えないといけないという高いハードルがあります。ナイス0

 

TAG