Wii U ってあまり売れなかったそうですが、その

Writer: admin Type: foresth Date: 2019-01-07 00:00
Wii U ってあまり売れなかったそうですが、その理由は何ですか?共感した0###下記のizu********さんがおっしゃっている「コンセプトの失敗」はやはり大きな痛手だったと思いますが、性能が中途半端ということが根本的な原因だったと僕は考えています。Wiiは2006年の時点でスペックを抑えて発売したものの、結果コンセプトのヒットで成功しましたよね。DSにしろPS1にしろゲーム業界をマシンスペックで語ることが出来ないのは立証済です。しかし、Wii Uの場合は根本的にそれらの話から完全に逸脱しています。一言で表すならば、「ゲーム機の性能ごとのメリットが完全につぶされている」…といったところでしょう。例えば比較的高性能なPS4であればハイクオリティなゲームを作り世界規模で高い売上を叩き出して利益に貢献する、現行機で一番性能が低い3DSは開発予算が安く利益回収がしやすい上に簡単にソフト作りが出来るからソフトの数そのものが多くなる…という感じですかね。性能が中途半端なゲーム機といえば他にPSVITAという例がありますが、WiiUがここまで深刻なソフト不足に陥った原因はズバリ「CPUがクソ」ということです。Wii UってWiiの互換性があるじゃないですか?普通ゲーム機が互換性を持つとき、その対象の基盤をそのまま採用する「CPU内蔵互換方式(例:GBA、DS、初期型PS3)」、またはそのゲーム機のシステムそのものに互換性を持たせる「エミュレーション互換方式(例:Xbox 360/ONE、Wii)のどちらかが採用されます。前者は性能の強化と確実な互換性を両立出来ますが、その分予算がかかります。(初期型PS3があまりにも高かったのはこれが原因)そのため任天堂はこの方式を嫌い、据置機初の互換性を持たせたWiiではゲームキューブのシステムをカスタマイズした基盤を搭載しました。それで、Wii Uも同じことをすると何が起こるか?1990年代後半に作られたシステム基盤(というか「Gekko」というCPU)をカスタマイズしたものが搭載された、ということになります。そんなことをしても、新たに作った基盤に性能で勝てないとは思いませんか?結果、グラフィックは綺麗なのにCPUが遅すぎるせいでソフト開発難易度が上昇、サードパーティが寄り付かなくなってしまいます。(ソフト開発難易度が高いのはPS3も同じだけど、向こうは2010年あたりから急速に普及してサードがソフトを作るに足りるレベルに達したためこんな問題は起こらなかった)するとサードのソフトが足りなくなる→Wii Uで遊びたいソフト(=Wii Uを買うきっかけになる)がある人が減る→Wii Uの普及台数が伸びない→メーカーは余計にWii Uでソフトを作る意味がなくなる見事な悪循環ですよね。そんな状態が3年以上も続いては大失敗も同然です…。任天堂はこの有様に何を学んだか?まず「コンセプトの強要をしない」ということです。Wii UのGamePadはプレイ中に何か必ず表示しなければ任天堂に販売許可を貰えない可能性があった上(GamePadがあるのに何も表示されないというゲームは買いたいでしょうか?もちろんソフトにもよるでしょうが、ここでは他のWii Uソフトと比較して考えてください)、それを実行することによる余計な開発費がかかってしまうというデメリットの塊がありました。Nintendo SwitchではJoy Conという新たなコントローラを用意しつつも、サードがJoy Conの活用を望まない場合は普通のコントローラとしてゲームを作ることが出来ます。ドラクエ10やスカイリム、イース8などは代表例です。それでいて操作性も悪くない。もう一つは「互換性にこだわらない」こと。元々Wii Uが失敗してたから、というのもありますが先ほどの性能の足枷を考えるとSwitchで新しく基盤を作り直し、互換がないというデメリットをソフト量の多さでカバーする(マリオカートの完全版とかはWii Uのソフト資産引き継ぎも兼ねてます)といった戦略に転換した方が苦境脱却への近道だと任天堂が考えました。事実発売されたソフトの数は現時点でWii Uの総数を超え、市場も活性化しています。今の任天堂はWii Uの屍の上に成り立っている…といっても過言ではありません。ナイス0
###ありがとうございました!###○宣伝不足○致命的なOS、GPU○wiiとの互換による用意する物の多さ○ソフト不足(主にサードパーティー)でしょうかナイス0
###任天堂に迷いがあったからです。少なくとも、俺はそう思ってます。前世代のWiiは、リモコンではプレイできないゲームがあるとしたら最初からあきらめる、その代わりリモコンでできることに全力を傾けるという明確な割り切りがあったと思います。それに対してWiiUは、確かに見た目で違いが分かるよう工夫してるのは間違いないですけど、プレイスタイルとしては従来のものに戻っちゃいましたよね。しかもリモコンも継続、更にはリモコンなしの本体セットまであったわけです。これは大きな失敗だったと思いますよ。どちらを向くのか、コンセプトがブレてるんです。ついでに、ゲームパッドがダサすぎて「あれを使いたい」と感じてもらえなかったこともあると思ってます。これと比較すると、今のSwitchではローンチの1-2 Switchを見ても迷いがありません。ジョイコンで出来ることを最大限やらせて、従来のゲームなんかクソくらえってな感じのミニゲームが多数収録されてます。Switchを成功に導いたのはゼルダですが、Switchをどう使いこなすかが表れているのは1-2 Switchのほうじゃないかと思います。こういう姿勢があったかどうかですね。ナイス0
###ステマが足りなかったナイス0

 

TAG