誰かと一緒に狭い仮設住宅に暮らさなければな

Writer: admin Type: foresth Date: 2019-01-08 00:00
誰かと一緒に狭い仮設住宅に暮らさなければならないことは逆にストレスになり,地域の人々が多くの場合が人の役に立とうとすると思っていることは,逆に自分も役に立たなければならないという圧力(プレッシャー)になるのではないでしょうか?共感した1###なるでしょうね。私みたいなタイプは気遣いしないから、平安な顔して過ごすと思いますけど、神経質な人にとってはつらいと思いますよ。ナイス2
###くまもんさん,回答有り難う御座います。やっぱり気になる人は気になってしまいますよね…^^
###御二方とも有り難う御座います。###こんばんは。今まで、一戸建てに住んでいて、近所の人達と親しい間柄であるにしろ、適度な距離をおいてお付き合いして来たのが、ある日突然、見知らぬ人との共同生活を送るのは、中にはストレスに感じる人もいられるかと思われます。しかし、都会でのアパート生活も同じではないでしょうか?被災を受けた者同士が住むことは、逆に助け合える…心強い面があると思われますね。というのは、被災地から他県へ出た家族のお子さんがいじめられた、という話を聞いたからですが。で、そのことと、、、>地域の人々が多くの場合が人の役に立とうとすると思っていることは,逆に自分も役に立たなければならないという圧力(プレッシャー)に なるのではないでしょうか? という次の文との関わりと意味がよく分りません。被災を受けた人達がなぜ、地域の人に対してプレッシャーを感じるのか?感じなければならないのか?地域の人とは被災の害が少なく、又、元気な人達のことでしょうか?仮設住宅に入居の人は高齢者、病弱者、障害者でいわゆる弱者と呼ばれている人達ですよね。その人達が元気な地域の人達に引け目を感じるとは思えません。精神的・肉体的にも生きていくだけで精一杯の状況にいる人達ですから。。当面は思う暇もないと思います。まぁ、年数が過ぎて落ち着けば、そう思う人も出て来るかもしれませんが。ナイス2

 

TAG